デフォルトのエイリアスとかぶってるコマンド

コマンドプロンプトで使っていたコマンドを PowerShell で実行しようとすると、時々エイリアスとかぶってるやつがあることに気づく。そういう時は後ろに .exe を付ければ実行できる。PowerShellは高機能だから代わりのコマンドレットもあるのだが、その場でタイプして実行する用途としてはそれほど使いやすくはなかったりする。

sc.exe

サービスを制御するためのコマンドです(TechNet)。

PowerShell では Set-Content のエイリアス sc とかぶってます。

*-Service 系のコマンドで代替できます。

# サービスの状態を確認
sc.exe query sysmain
↓
# PowerShell
Get-Service sysmain | Format-List
# 短縮形
gsv sysmain | fl
# サービスの停止
sc.exe stop spooler
↓
# PowerShell
Stop-Service spooler
# 短縮形
spsv spooler

where.exe

ファイルの検索コマンドです(TechNet)。

PowerShell では Where-Object のエイリアス where とかぶってます。

Get-Command (gcm) と Get-ChildItem (gci) で代替できます。

# パスの通っている場所からコマンドを検索
where.exe notepad
↓
# PowerShell
Get-Command notepad -all
# 短縮形
gcm notepad -all
# 特定のディレクトリ以下からファイルを検索
where.exe /r . *.txt
↓
# PowerShell
Get-ChildItem -Recurse *.txt | Select-Object FullName
# 短縮形
gci -re *.txt | select fullname


とりあえずは以上です。他は見つけ次第追加していく予定。